<< 名古屋にて | main | エアコン洗浄中 >>

F1最終戦

2009.11.02 Monday | by ignition-auto
小林可無偉に勇気をもらいました。
過去に、あれほどの衝撃デビューを決めた日本人F1ドライバーはいないと思います。

体制が恵まれている恵まれていないとか。
車が速い遅いとか。

自分もモータースポーツやっていましたから。
わかる部分はあります。

与えられたチャンスをモノにするのも、チャンスを引き寄せるのも、すべて実力です。
過程も重要ですが、結果がさらに重要な世界でもあります。

時期がどうとか体制がどうとか、その他年齢だとか好景気不景気とか自分のモチベーションがどうとかこうとか。
そっちに逃げちゃダメだ。



おれ、来年こそは走りたいと思っています。
ということで、参戦車両の検討から始めたいと思います。
出物の情報があれば教えていただければと思います。
はっきり言って、多くの予算は取れません。
来年の開幕に、スタートラインにつけるかどうか。
実現するかどうかはわかんないですが、やれることはやってみようと思います。

Comment
可が無くなっちゃいけないと思う(苦笑)。
琢磨君と可夢偉君は応援してて楽しい走りをしてくれるよね〜。

某中嶋2世とはエライ違いだ(おい)。
  • ほにゃらら鈴木
  • 2009/11/03 12:38 AM
>ほにゃらら鈴木くん
すいません、何度読んでも1行目が解読できません^^;

琢磨と可夢偉に共通するのは追い越しが上手なこと。
かな?とおもいます。
バトン、あれだけペースに差があって追い詰めてたのに、結局最後までウェーバーを抜けなかったもんね。
あれ、可夢偉だったら行ってたね、きっと。

トヨタの正ドライバー当確、って言われてたのに、トヨタはF1撤退だってさ。
まぁ、彼ならほかのチームからでも声がかかるでしょうね、たぶん。

2世は、自分で将来の可能性を閉ざしてるなぁ。
もう一皮も二皮も剥けないと。
来年はおそらくシート喪失だろうなぁ。
  • たけ
  • 2009/11/04 4:49 PM
日記1行目の「可無偉」表記を茶化してみました(笑)。
可夢偉と可無偉じゃ、名付けた意味合いがだいぶ変わっちゃうかと(苦笑)。

そう、バトンも見てて面白くないドライバーだよね。
追いつくけど追い越さない、無理はしないドライバー。
結果が残ることは多いけど、印象には残らないもんね〜。
  • ほにゃらら鈴木
  • 2009/11/04 9:36 PM
>ほにゃくん
ぶはは^^;
たしかにまちがってんな。
まったく気づかなかったです。

  • たけ
  • 2009/11/04 9:39 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM