<< 酒まつり | main | RAYS TE37 >>

ついにヴィッツ車両本体放出

2008.10.13 Monday | by ignition-auto
気づけば結構長い間モータースポーツに関わってきました。
これまで乗ってきた競技車両の中で、一番思い入れが大きい車です。



思いもひとしおですが、街乗りでしか使っていない現状です。
有意義に使っていただける方にお譲りすることにいたしました。
公認のジムカーナに、この車で闘えるクラスが出来てから、中国地区で誰よりも早く投入し、セッティング情報の乏しい中、自分の経験と情報網をフルに使って作り上げた車です。

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f72810071


じつは、同じヴィッツでジムカーナの中国地区選手権を競い合っていた選手、(今は現役で走っていませんが)が、この車を譲ってほしいと言ってきていたんです。
自分の競技車両はもうすでにほかの選手に販売済みで、今回通勤に車が必要となったとのこと。
通勤ならね、この競技車両ではなく普通に使われてきた車を業者オークションからでも仕入れてくるよって話していたんですが、それでも彼はこのヴィッツにどうしても乗りたかったそうです。
結婚していて、さらに家族も増えている現状で、ずいぶん考えていたようなのですが、最終的に通勤に車がどうしても必要な状況ではなくなったようで、お譲りするまでには至りませんでした。

丈夫な車だし燃費もすこぶるいいし、そのまま足車として使っていても不便なことはまったくないんです。
現状で、競技に出場していたときに取り付けていたパーツは、すでに取り外されたものもあり、このまますぐ競技出場可能とはいかないのですが、この車がどれだけ注目を受けることができ、どれだけ価値を見出していただけるのか、自分自身の興味を含めての今回の出品です。
1週間のみの出品で、再出品はしない設定にしてあります。
即決金額も最低落札金額もなし。
複数の入札が合った場合、一番値段をつけていただいた方にお譲りいたします。


次の自分の車両を何にするかは、まだ特に決めていません。
ジムカーナでのモータースポーツへの復帰以外に、サーキットやドリフトやダートトライアルなど、すべて含めて考えています。
じっくり考えてじっくり選んで、またモータースポーツに復帰できるように考えています。

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM