<< 審査完了 | main | 10万キロが、車の寿命? >>

うりたしヴィッツについてのおはなし

2008.06.15 Sunday | by ignition-auto
私の競技車両を売りに出している件について、それなりに反響をいただきました。
みなさんの疑問もありますし、自分が今回なぜ売却の方向に踏み切ったのかを、まとめてみたいと思います。


走りたい気持ちがなくなったわけではありません。
N1クラスで、1000ccのヴィッツが走れるのは、来年までだろうとも言われてます。
ひとりぼっちで地区戦に全戦出場してから、たくさんの貴重な経験をこの車とともに得てきました。
また、ライバルの皆さんや、他のクラスの方々、他地区の方々とも交流することができ、かけがえのない仲間に恵まれたことも、この車があってこそだと思っています。
途中、成績が低迷したり、腰を痛めてしまったこともあり、モチベーションが下がったことは事実です。
最近の出場では、成績も散々なものではありました。
ですが、もう一度一花咲かせたい気持ちは大きく持っています。
一方、プライベートでは、脱サラ独立の道を選択いたしました。
生活では、こちらが自分のベースです。
いまだ、試行錯誤を繰り返し、軌道に乗るには程遠い状態です。
まぁ、試行錯誤はどこまでもついてくる物だとも思いますが。
話を戻しますが、とにかく、このベースとなる自分で決めた仕事を最優先して進めていくつもりです。
出るからには勝ちたいんですよ、やっぱり。
今、勝つために必要な事を全てこなして勝つために競技にのぞむ状態、負けても言い訳をするのではなく、しっかり戦ったんだと自分で納得できる状態とは違う状況です。
今年は、ジムカーナの公式戦には出場はしないつもりでいます。
ここで1度、リセットをかけるために、ヴィッツを売り出すことにいたしました。

SCP10の3ドアMT車は、市場ではずいぶんこなれた価格になってきています。
正直、あの金額で売却できるとは思っていません。
おこがましい言い方ではありますが、当方でも、引き継いでいただける方を選んで売却したいと思った上での金額設定になっております。
本当に私のヴィッツに乗りたいっていう方がいらっしゃれば、直接ご連絡をいただければと思っています。
柔軟にご相談に応じるつもりでおります。
1000ccのヴィッツは、燃費や取り回しの点で、とても使い勝手がいい車です。
自分の普段の生活のなかで、今でも大活躍しています。
頭の中では、さまざまな案があるんです。
一例では、購入希望者が現れなかったときには、NCP13を自分の車用に手に入れて、足回りなどの部品を移植して新たな車を作ってみようかとか。

次がまたジムカーナかどうかはわからないですが、モータースポーツは自分の人生の中で欠かすことのできないものになってしまっています。
必ずどこかでまた復活いたします。


Comment
なるほど・・・。

またいつか復活してくださいね。
  • 修行僧
  • 2008/06/15 9:56 PM
待ってます・・・
戻って来られるころには、きっとビックな野郎になってます・・・ノд-。)クスン
  • HIROKAWA
  • 2008/06/17 10:14 PM
>修行僧さん
ありがとうございます。
不定期ですが、タマダのGカップのスタッフもやっていますし、まったく離れてしまうわけではないですから。
ジムカーナをやめたとたんに、ぱったり会場にこなくなる人って多いじゃないですか。
おれは、地区戦を今年は走らないってだろうっていうだけで、何らかの形では関わり続けていくつもりです。
夏にはジュニアの主催もありますしね。

>HIROKAWAさん
待ってても、おれの次のステージはジムカーナじゃないかもよ。
まぁまったく未定なので、思わせぶりなことは言わないでおきましょう。
おれも、ビックな野郎になります(笑

ん?
ビッグ?
ビック?
どっちが正解?
  • たけ
  • 2008/06/17 10:58 PM
Add Comment









Trackback URL
Trackback
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM